These search terms have been highlighted:寺報・書籍/山名赤松研究ノート/1号/あとがき あとがき

Return to 寺報・書籍​/山名赤松研究ノート​/1号​/あとがき
  • 寺報・書籍​/山名赤松研究ノート​/1号 (3685d) [ 表紙 ]
    ...と山名氏・・・山名年浩 山名・赤松両氏の黄昏・・・吉川広昭 山名氏、赤松氏両軍陣没諸霊供養塔、建立の記・・・事務局 あとがき 平成2年5月 山名赤松両氏顕彰会 巻頭写真 供養塔全景、南千畳の城壁を望む、完成した宝篋印塔場所を...いとねがうものであります。 (全国山名氏一族会総裁・村岡山名氏第十四世) 他の掲載文章(別ページ) 寺報・書籍/山名赤松研究ノート/1号/あとがき 寺報・書籍/山名赤松研究ノート/1号/ほんとの犠牲者は誰? 寺報・書籍/山名赤松研究ノート/1号/中世備後国と山名氏 寺...
  • 寺報・書籍​/山名赤松研究ノート​/1号​/ほんとの犠牲者は誰? (3714d) [ ほんとの犠牲者は誰?-嘉吉の乱の再検討- ]
    ...に、義教と満祐の関係は、相性が悪くて“嘉吉の乱”という劇を演じたわけであるが、人間的には、満祐の方が、きまじめで、幕府を支える人材であったのに、偏質性格の将軍のために、窮地に追いつめられ、“窮鼠が猫を咬”んだわけであったと思う。 Prevあとがき Next中世備後国と山名氏 Home

Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 1565, today: 1, yesterday: 0