1: 2009-09-30 (Wed) 12:59:00 admin source
Line 1: Line 1:
 +#navi
 +''特別寄稿''
 +
 +* 山名氏四代の栄光 [#gea8a95f]
 +
 +RIGHT:''永島福太郎''
 +
 +山名氏は十四世紀半ばから丹波から石見に至る山陰道に雄飛、但馬・因幡両国を二世紀にわたって確保、室町将軍家重臣の四職家(侍所所司家)の一つとして輝いた。徳川将軍家は山名氏が武門の名家であり、ともに上野新田氏のこうけ後裔という関係もあって、これを高家衆(大名の格)として遇し、乗地には故地の但馬七美郡内を与えた。江戸後期には村岡藩が成立する。
 +但馬の歴史は、しばらく山名氏とともに歩んだし、近代但馬の発展の基礎は山名氏の治政によって築かれたといえるのである。明徳の乱(一三九一)の六分一殿山名氏清、応仁の乱(一四六七~七七)の赤入道山名宗全はいわゆる「天下分け目」の合戦の大将として史上有名である。
 +
 +** 山名氏の起こり [#zb4563de]
 +
 +清和源氏の八幡太郎義家の三男の義国は下野足利郡内に土着した。当時、北関東の両毛地方には藤原秀郷の子孫が繁栄していた(嫡流は佐野氏)。義国の長男の義重は渡良瀬(わたらせ)川を渡って上野新田郡に入って新田氏、次男の義康は藤姓足利氏に代って足利庄を領し足利氏を称する。なお、新田義重の長男の義範は多胡郡山名郷(高崎市)に入った。ちなみに、三男の義兼が新田氏を家督、四男の義季が徳川氏の祖となる。山名氏の家祖の義範は源頼朝の御家人になり、伊豆守護に任ぜられたが、子孫の出世は花ばなしくはない。新田・足利両氏とも雌伏時代だったのである。
 +王政復古活動の元弘の乱(一三三一~三三)に新田・足利両氏が活躍、脚光を浴びる。山名氏の政氏・時氏父子が足利高氏の西上軍に從って上洛したのが山名氏の出世となる。山名一族は新田義貞に從つた者もあったろうが、高氏に属したことが山名氏の雄飛につながる。
 +
 +** 六分一大名 [#de601d7a]
 +王政復興の建武中興が破れ、南北朝動乱が始まった。足利尊氏の幕府開設に山名時氏(一三〇三~七一)は協力、建武四年(一三三七)伯耆守護に任ぜられ、山陰道の平定を命ぜられた。康永二年(一三四三)には丹波守護になるが、但馬の見開山城の新田義宗を攻め、南党の太田垣・八木・三宅・田結庄(たいのしょう)らを誘降している。但馬・因幡は南朝勢力の強いところだったのも一因、足利尊氏・直義兄弟の確執もからんで時氏は南朝に一時降参している。山陰道の確保をはかる時氏としては、但馬でその勢力路線が切断されているのを憂慮、完全掌握を期したのである。南朝からは丹波,但馬・因幡・美作・備中・備後などの守護に任ぜられ、貞治二年(一三六三)に二代将軍義詮のもとに帰参のさいは侍所頭人家(四職家)に列し丹波・丹後・因幡・伯
 +
 +#navi


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2486, today: 2, yesterday: 0