2: 2008-06-14 (Sat) 23:40:16 admin source 3: 2008-06-17 (Tue) 09:43:08 admin source
Line 43: Line 43:
車庫に積もった雪をどかせ、車を引っ張り出しながらも、「やはり屋根に上って雪下ろしをしなければ・・・」とやっと考えが至った次第です。 車庫に積もった雪をどかせ、車を引っ張り出しながらも、「やはり屋根に上って雪下ろしをしなければ・・・」とやっと考えが至った次第です。
-朝、目覚めて見ると  雪をどけるのに半日+|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/348.jpg,mw:400)| 
 +|CENTER:朝、目覚めて見ると・・・)|
-とても正月準備どころでは+**とても正月準備どころでは [#k99a4621]
結局、12月5日から降出した雪が降る勢いを弱め、いったん終息を迎えたのが、暮れも押し迫った12月27日ごろ。 結局、12月5日から降出した雪が降る勢いを弱め、いったん終息を迎えたのが、暮れも押し迫った12月27日ごろ。
Line 54: Line 55:
年末から三ヶ日位の間は、あれだけ降り続いた雪も降らず、ほっと一息入れることが出来たのですが、お正月が終わるのを待っていたかの如く、正月明けから再び雪が降る出し、雪の重みで屋根に被害が出るようなお宅も現れ始めました。 年末から三ヶ日位の間は、あれだけ降り続いた雪も降らず、ほっと一息入れることが出来たのですが、お正月が終わるのを待っていたかの如く、正月明けから再び雪が降る出し、雪の重みで屋根に被害が出るようなお宅も現れ始めました。
それでも除夜は降雪なく迎えることが出来ました  あけて平成18年元旦です それでも除夜は降雪なく迎えることが出来ました  あけて平成18年元旦です
 +|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/350.jpg,mw:400)|
 +|CENTER:大雪の中での除夜の鐘・・・|
 +|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/351.jpg,mw:400)|
 +|CENTER:あけてH18年元旦|
*どこかが違う [#mf93740e] *どこかが違う [#mf93740e]
Line 69: Line 74:
(「除雪のときにそれぐらい分かるだろう」とお思いでしょうが・・・除雪には除雪機を主に使用することもあって、機械を頼っていると余りスコップ等は使いません。潰れた車庫の屋根の雪をスコップを使って雪を片付けていて、始めて実感した次第です。お恥ずかしい・・・) (「除雪のときにそれぐらい分かるだろう」とお思いでしょうが・・・除雪には除雪機を主に使用することもあって、機械を頼っていると余りスコップ等は使いません。潰れた車庫の屋根の雪をスコップを使って雪を片付けていて、始めて実感した次第です。お恥ずかしい・・・)
|CENTER:潰れた車庫の雪断面。||h |CENTER:潰れた車庫の雪断面。||h
-|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/347.jpg,mw:240)|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/349.jpg,mw:320)|+|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/347.jpg,mw:320)|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/349.jpg,mw:320)|
|CENTER:いくつかの層に分かれている。&br;上に積もった雪の重さでしたの雪はさらに圧され密度が高くなる。|| |CENTER:いくつかの層に分かれている。&br;上に積もった雪の重さでしたの雪はさらに圧され密度が高くなる。||
Line 86: Line 91:
正月明からダラダラと降っていた雪は5日間程度続き、積雪量は既に2メートルを越え、「一刻も早く屋根下ろしをしなけれ・・・」と限界に近いところまで到達していました。もちろん雪が降っている最中でも出来るところから上っておろしていたのですが、お寺ですからやるべき所は幾らでも待っている。 正月明からダラダラと降っていた雪は5日間程度続き、積雪量は既に2メートルを越え、「一刻も早く屋根下ろしをしなけれ・・・」と限界に近いところまで到達していました。もちろん雪が降っている最中でも出来るところから上っておろしていたのですが、お寺ですからやるべき所は幾らでも待っている。
まあそれでも1月9日には寒気も一旦緩み、しばらくは降る気配もなくなったので、本格的に屋根の雪下ろし始動です。といってもスコップを持って一人で屋根に上っての作業ですので、やれる範囲・ペースには限りがあります。それにやる気を出して屋根に上っても、高いところで2メートルもの雪の壁に直面すると恐怖心が頭をもたげ、やる気を萎えさせてしまいます。 まあそれでも1月9日には寒気も一旦緩み、しばらくは降る気配もなくなったので、本格的に屋根の雪下ろし始動です。といってもスコップを持って一人で屋根に上っての作業ですので、やれる範囲・ペースには限りがあります。それにやる気を出して屋根に上っても、高いところで2メートルもの雪の壁に直面すると恐怖心が頭をもたげ、やる気を萎えさせてしまいます。
-戦う武器は小さな除雪機とスコップだけ  屋根に上がるのも手順を踏んで+|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/355.jpg,mw:240)|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/357.jpg,mw:240)| 
 +|CENTER:戦う武器は小さな除雪機とスコップだけ|CENTER:屋根に上がるのも手順を踏んで。これ以上雪の持って行き場が無い|
-年末時点で屋根としたの雪との隙間わずか  可也の急勾配、結構恐ろしい 
-こうなると屋根の上の雪は落ちなくなる。根元を注意して崩していくしかない。  立ちはだかる雪の壁、これ以上雪を持っていくところもない。+|CENTER:#ref(http://www.houun.jp/uploads/photos/356.jpg,mh:240)| 
 +|CENTER:可也の急勾配、結構恐ろしい|
*表面化した問題(高齢者だけの世帯は深刻) [#aea60fbc] *表面化した問題(高齢者だけの世帯は深刻) [#aea60fbc]
Line 97: Line 103:
その間も屋根に乗った雪の重さのために、部屋の建具が動かなくなったり、柱や梁からきしむ音が聞こえたりして、雪の重みで家が潰れてしまうのではないかと言う不安を助長してしまう。 その間も屋根に乗った雪の重さのために、部屋の建具が動かなくなったり、柱や梁からきしむ音が聞こえたりして、雪の重みで家が潰れてしまうのではないかと言う不安を助長してしまう。
雪国に住む若い世代が同居しないお年よりにとっては、結構つらい状況だったのかもしれませんし、またH18年豪雪のような規模の大雪に見舞われると、同じ状況が作られてしまうわけです。 雪国に住む若い世代が同居しないお年よりにとっては、結構つらい状況だったのかもしれませんし、またH18年豪雪のような規模の大雪に見舞われると、同じ状況が作られてしまうわけです。
-それでも春は来る+**それでも春は来る [#nc453b2a]
でも幸いなことに正月明から続いた雪が一段落したあとは強い寒気もひと時は雨が降るほど緩み、その後は大した降雪もなく春を迎えることが出来ました。 でも幸いなことに正月明から続いた雪が一段落したあとは強い寒気もひと時は雨が降るほど緩み、その後は大した降雪もなく春を迎えることが出来ました。


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2045, today: 2, yesterday: 0