14: 2009-08-19 (Wed) 10:47:33 admin source Cur: 2009-09-11 (Fri) 10:23:33 admin source
Line 212: Line 212:
特に「第三次赤松再興計画」は、「細川勝元」の指図によるものとして、山名持豊をしてひどく怒らせている。 特に「第三次赤松再興計画」は、「細川勝元」の指図によるものとして、山名持豊をしてひどく怒らせている。
-**応仁の乱と山名氏 [#z5c13128]+** 応仁の乱と山名氏 [#z5c13128] 
東洋史の泰斗、内藤湖南氏 東洋史の泰斗、内藤湖南氏
「近代日本を理解するには、応仁の乱以降の歴史を知らなければならない」とされたが、「朝日百科・日本の歴史」の所載による、横浜市大助教授・今谷明氏の研究によると次のように発表されている。 「近代日本を理解するには、応仁の乱以降の歴史を知らなければならない」とされたが、「朝日百科・日本の歴史」の所載による、横浜市大助教授・今谷明氏の研究によると次のように発表されている。
Line 228: Line 229:
しかし、持国の死後は後を継いだ実子「義就」と猶子(養子のこと)政長との内訌(うちわもめ)が激しくなっていった。 しかし、持国の死後は後を継いだ実子「義就」と猶子(養子のこと)政長との内訌(うちわもめ)が激しくなっていった。
-&ref(ID$nbca0587); P29系図+|AROUND TRIGHT:|c 
 +|CENTER:&ref(P29.jpg,mh:320);&br; P29系図|
「畠山義就」は東軍の「赤松政則」と並称される豪勇の将であり名将であった。持国の妾腹であったことがわざわいをして政長がかつぎ出された。 「畠山義就」は東軍の「赤松政則」と並称される豪勇の将であり名将であった。持国の妾腹であったことがわざわいをして政長がかつぎ出された。
Line 265: Line 267:
彼の信仰心の表われであるとともに、朝来郡との関係の深さを物語っていると言えなくもない。 彼の信仰心の表われであるとともに、朝来郡との関係の深さを物語っていると言えなくもない。
**赤松広秀の民政と史跡竹田城趾 [#r542f785] **赤松広秀の民政と史跡竹田城趾 [#r542f785]
-&ref(ID$w82895bb,mw:320);P32写真+|&ref(P32.jpg,mw:320);&br;P32写真|
野面積の美を見せてくれる「竹田城跡」は、文禄から慶長の初期にかけて現在の遺構となった、と考証されている。 野面積の美を見せてくれる「竹田城跡」は、文禄から慶長の初期にかけて現在の遺構となった、と考証されている。
-&ref(ID$hf201b8b,mw:320);P36竹田城地形図+|&ref(P33.jpg,mw:320);&br;P36竹田城地形図|
**史跡・竹田城址をしのび赤松広秀を語る [#nf4bb447] **史跡・竹田城址をしのび赤松広秀を語る [#nf4bb447]
Line 281: Line 283:
だとするなら一五八○年(天正八年)以降ということになる。 だとするなら一五八○年(天正八年)以降ということになる。
もっとも、織豊時代以前の山城の構築として、山名.太田垣氏の手になるものと考えられる立派な「たて堀」や「砦」が残存し、現城跡より北へ二五〇メートルほど行った、通称観音寺山には、とりでやたて堀が雑木林の中にはっきりと残っており、山名時代をしのばせるのに十分である。 もっとも、織豊時代以前の山城の構築として、山名.太田垣氏の手になるものと考えられる立派な「たて堀」や「砦」が残存し、現城跡より北へ二五〇メートルほど行った、通称観音寺山には、とりでやたて堀が雑木林の中にはっきりと残っており、山名時代をしのばせるのに十分である。
 +
***二、竹田城跡の見どころ [#kc2d7c02] ***二、竹田城跡の見どころ [#kc2d7c02]
竹田城跡の歴史的詮索はしばらく置いて、この城の見どころをズバリと申し上げたい。 竹田城跡の歴史的詮索はしばらく置いて、この城の見どころをズバリと申し上げたい。


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3287, today: 1, yesterday: 0