アルバムトップ : 写真資料 : 仏菩薩 :  Total:10

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番~ 10 番を表示 (全 10 枚)



弁財天

弁財天高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2009/3/28 20:44    
ヒット数1813  コメント数0    
技芸芸能の神様弁才天。
昔は境内に弁天池があり、その中の小さな祠に御祭していた。

地蔵菩薩

地蔵菩薩高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 23:10    
ヒット数1687  コメント数0    
護摩堂に御祭りしていたせいか、温度差で表面に良く露が付き、それが頬を伝って流れることがある。
良く見ると目から涙が流れたような跡になっている。

不動明王

不動明王高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 23:06    
ヒット数2123  コメント数0    
御霊屋にお祭りしてあった不動明王。今は位牌堂に安置。
長年の護摩の煤や油気でくすんで見える。
子供のときは悪いことをしたら、罰として不動明王の前に連れてこられた。この形相をみて良く泣いた覚えがある。

ご本尊

ご本尊高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 23:03    
ヒット数1682  コメント数0    
正面が禅定のお釈迦様、右が天台大師、左が伝教大師。
天台寺院で「禅定の釈迦」は珍しいと聞く。法雲寺は約160年前の大火で御霊屋以外すべて焼け落ちたらしい。その際に、消失以前のご本尊と同じ様式のご本尊を手に入れたのではないか?

悲母観音絵馬

悲母観音絵馬高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 23:01    
ヒット数1799  コメント数0    
産科医であったお父上の追善供養のために奉納していただいた絵馬。

妙見菩薩

妙見菩薩高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 22:55    
ヒット数1976  コメント数0    
妙見菩薩は北斗星信仰の表れと言い。日本では古くからひたしまれていた。この菩薩は峠(旧村岡町と関宮町の境の峠、八井谷峠・八木谷峠)の茶屋の祠に代々祭ってあったもの。昔の旅人は星を頼って方角を定めたとか?峠の茶屋で休んだ後、旅の無事安全を祈ったのかもしれない。
峠からと八鹿の妙見山とは山筋が繋がっている。

観世音菩薩と比翼の鶴

観世音菩薩と比翼の鶴高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 22:53    
ヒット数1774  コメント数0    
チベットの観世音菩薩と比翼の鶴。
比翼の鶴は「和宮」の嫁入り道具の一つであったと言われている。

摩利支天

摩利支天高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 22:49    
ヒット数1840  コメント数0    
摩利支天は「陽炎」の化身だとか?。後を追っても常に先に進み何時まで経っても追いつくことが出来ない。姿は見えるが実体がない。そんな不思議な光の魔術に、戦陣を切って進む勇壮な武者を思わせ、武士の間に厚い信仰があったとか。

摩利支天

摩利支天高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 22:49    
ヒット数1724  コメント数0    
摩利支天は「陽炎」の化身だとか?。後を追っても常に先に進み何時まで経っても追いつくことが出来ない。姿は見えるが実体がない。そんな不思議な光の魔術に、戦陣を切って進む勇壮な武者を思わせ、武士の間に厚い信仰があったとか。

摩利支天

摩利支天高ヒット
投稿者adminadmin さんの画像をもっと!   前回更新2008/6/3 22:49    
ヒット数2151  コメント数0    
摩利支天は「陽炎」の化身だとか?。後を追っても常に先に進み何時まで経っても追いつくことが出来ない。姿は見えるが実体がない。そんな不思議な光の魔術に、戦陣を切って進む勇壮な武者を思わせ、武士の間に厚い信仰があったとか。

1 番~ 10 番を表示 (全 10 枚)