Back to page

− Links

 Print 

山名史料館「山名蔵」​/収蔵品​/大筒 :: 東林山法雲寺のホームページ

xpwiki:山名史料館「山名蔵」/収蔵品/大筒

大筒 anchor.png[1]


種子島に伝来した火縄銃は、戦国時代の日本に新兵器として広く広まり、全国への伝来に伴い、その大きさや、細工など独自の発展を遂げた。
この大筒は徳川家より山名家に下されたものか?重さも実用的と言えるほど軽くなく、細かい装飾も施され、さらに綺麗に残っていることを考えると、実用向きに作られたものではないのかもしれない?

長さは約80cm、重量は20キロ以上左下の突起が引き金、
これを引くと火縄が火皿に落ちる仕組み
銃身には細かい細工が施してある上部の金具に火縄をはさみ、
中央の穴につめた火薬に引火し発砲となる。
誤って発砲しないように火口を覆う蓋を火蓋と言う

大筒[9]とは



Last-modified: 2008-06-07 (Sat) 08:36:34 (JST) (4323d) by admin